前へ
次へ

太陽光発電投資は現物かファンドか

太陽光発電投資は土地とシステムを買って行う現物運用の方法とファンドを買う方法の二通りがあります。
どちらが良いかで悩んだときのためにメリットとデメリットを比較しておきましょう。
現物を運用する方法は自分で設置の仕方や運用方法を選んで決められるのがメリットで、納得した上で投資を始められます。
しかし、莫大な初期コストがかかるのでローンを組まなければならないことも多く、長期投資にならざるを得ません。
また、太陽光発電システムのメンテナンスなどもしていく必要があります。
それに対してファンドを買う方法は少額でも始めることができ、高額投資をしたいときにも活用可能です。
システムのメンテナンスなどをする必要もないので運用が簡単というメリットもあります。
ただ、いくら投資をしても土地やシステムが手に入るわけではなく、あくまで配当を目当てに投資することになります。
また、運用が下手だった場合には損失が生まれることもあるので注意しなければなりません。

Page Top