前へ
次へ

屋根にも設置できる太陽光発電

不動産物件に対しては、何か建造物が作られる事もあります。
マンションの敷地の一部に、何らかの設備が作られることもありますが、その際面積の問題が浮上するケースも多いです。
そもそも敷地面積には、限りがあるでしょう。
敷地面積が30平米メートルで、マンション部分の面積が20平米であれば、残り10平米メートルしか使えません。
もちろん15平米メートルの設備などは、作ることはできません。
ところが太陽光発電であれば、そのような面積の問題点も生じづらいです。
なぜなら太陽光発電のパネルは、色々な箇所に設置する事ができます。
屋根も例外ではありません。
たとえ15平米メートルでも、マンションの屋根部分であれば、20平方メートルぐらいの面積を確保できるでしょう。
ですから上記のような状況でも、パネルを設置する事も可能です。
つまり太陽光パネルであれば、建物の屋根という空間を有効活用できる訳です。
色々な場所に設置できるのは、太陽光発電のメリットの1つです。

Page Top