前へ
次へ

太陽光発電は世界規模で伸びている

年々太陽光発電を導入する過程や企業は増加の一途をたどっており、今後更に拡大する可能性が高いといわれています。
特に世界規模での導入が盛んとなっており、インド圏や米国での市場が拡大を続けていることや、欧州でも導入の流れができつつあることなどから、今後世界規模での導入拡大が見込めるのではないかといわれています。
電線を引かなくても自宅で電気を作ることが可能となっており、環境によっては火が出てから沈むまでずっと電気を作ることが可能な地域は多いです。
特に豪州や中東、アフリカや中南米といった電線を自分達の集落にひくまで時間がかかる地域では、太陽光発電システムを導入し、町単位で蓄電池を用意することによって、自治体レベルでの発電が可能となります。
結果として文化的な発展も可能となるため、地域での生活レベル向上に役立つでしょう。
電機が導入されてすぐは生活面での変化も見られないと考えられますが、次第に生活レベルが向上する可能性が高まると期待されています。

Page Top